スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DeadLineのクラン戦講座 -how to dust2-解説T編
holondlkouzadust2.jpg

昨日のCT編に続き
今日はT編をお送りします
テロリスト編

細かいニュアンス等伝わりにくい
部分があると思うので、
テキストだけでなくDEMOの方も
見ていただくことをお勧めします。

■センシの調節方法

dlkouzadust2t1.jpg


1.この様なドアの端にAIMを合わせる。
2.AIMをドアの端を往復するように動かす。
3.近距離、中距離、遠距離の3種類ほど距離を開けて試す。
4.これでドアの端にぴったり合わせられるようなセンシに設定する。

■テロリストの流れ

□自分たちが考えた作戦をしっかり行えるようにする

作戦をするためには「エコ配置」をすることが重要になってきます。
普通はCTがエコラウンドの時は
前に詰めてくることが多いので
こういう配置を取るのですが、
通常ラウンドでも「エコ配置」をすることによって
相手に待っているという印象を与えることが重要です。
そうなれば、CTはあまり前に詰めてこなくなるので
作戦をやりやすくなります。

□DLでのエコ配置の紹介
dlkouzadust2t2.jpg


AWPが居ればAWPでセンターを覗きます。

dlkouzadust2t3.jpg


B側はこの辺りでBトンを見ます。
Bトンを詰めてくるCTに注意して見ます。

dlkouzadust2t4.jpg


センターの一人目
Tベースをジャンプで降りるか回りこんで
この位置からCAT方面を見る

dlkouzadust2t5.jpg


センター二人目
センターのカバーをしやすい位置に居る

dlkouzadust2t6.jpg


最後の一人はロングです
詰めてくるCTを待ちます
dlkouzadust2t7.jpg

ロング配置その2


■どのような作戦をするか

エコ配置をやってCTが前に出にくい状況を作った後、
DLではどんな作戦をやっているのかを紹介します。

□B5作戦
B5の作戦はBトンを5人で詰めてBの入り口から
一気にグレネードを投げてBに突入する作戦です。
投げるグレネード等は入る順番で
決まっているのでそれを紹介します。

まずBトンの入り口をクリアリングします。
クリアしていく場所は、主にこの4箇所です。

dlkouzadust2t8.jpg

dlkouzadust2t9.jpg

dlkouzadust2t10.jpg

dlkouzadust2t11.jpg


AWPを持っているならボムサイトまで
覗いても良いかもしれません
アサルトならボムサイトは覗かないようにします。

クリアリングが終わったら次にグレネードを投げます。
投げるグレネードは、

一人目

まず先頭に居る一人目です
先頭の一人は2個FBを投げます
一つ目がここです。

dlkouzadust2t12.jpg

これを投げる時に注意したいのが
これより左に寄ってしまうと、
ボムサイト側のCTにはみ出た体を
見られる可能性があります。

二つ目は分かりにくいかもしれませんが、
B中天井に当てるようにしてここに投げます。
グレネードの特徴としてMAPの天井に
当てるとグレネードが真下に落ちることを利用します。

dlkouzadust2t13.jpg


そして突入しここをクリアします。

dlkouzadust2t14.jpg


二人目

次に二人目です
二人目はここにFBを2個投げます。
dlkouzadust2t15.jpg


このAIMを合わせてる壁にFBを当てて
茶色い箱の裏にFBを落とします。

このFBは主にこのポイントを潰すのに使います。
dlkouzadust2t16.jpg

ここに隠れているCT

dlkouzadust2t17.jpg

窓から見ているCTです。

最後に残りの三人はBのダブルドアから
Bの入り口を覗いているAWP対策のSGを投げます。

dlkouzadust2t18.jpg


大体この辺りからBの中に入る入り口の所に
落とすように投げます。

dlkouzadust2t19.jpg


突入後は後ろの3人はFBが余っているのでセンター方面にFBを投げます。
dlkouzadust2t20.jpg


これがB5作戦です。
この作戦では、FBとSGをタイミングを
合わせて同時に投げることが重要です。

ただのラッシュ等ですと、
どうしてもSGを先に投げて
そのあとFBという形になりやすいのですが、
この作戦はSGとFBを同時に投げて入ることにより、
B中への突入を有利に進めることが出来ます。
また基本的にB5人ですが、
最後の1人をセンターやロングに
向かわせるなどといった応用も出来ます。


□フェイクの作戦

この作戦では、センターを取り、
Aに攻めたと見せかけて、
BからAに移動してくるCTを殺す作戦です。

センターを取る時はまず、
walkでこの位置まで来て頭の上に乗って貰って
そこからジャンプでセンターの箱の上に乗せます。

dlkouzadust2t21.jpg

dlkouzadust2t22.jpg

そして2段を作ってセンターを見ます

dlkouzadust2t23.jpg


そしてAにフェイクをするわけですが、
CATからAを攻めるように見せかけます。

この時CTがCATを前目に出てきている可能性があるので、
このFBを使ってCATの手前側を確保します
(階段を下りてセンターに繋がる短い通路)

dlkouzadust2t24.jpg


緑の箱の黒い横線とエッジの高さを合わせて投げます。
この時写真に写っている位置に味方を配置させて、
爆発した瞬間にCATを覗いて貰います。
dlkouzadust2t25.jpg


このFBはこのSSの位置辺りに
CTが居ればFBを避ける暇もなく
見えた瞬間に爆発するため非常に強力です
DLではこういった見えた瞬間に
爆発するようなFBを避けれないFBと呼んでいます。

CATの手前側を確保したら
次は階段部分を確保します
この時もさっきと同様に
避けれないFBを使って確保します。
dlkouzadust2t26.jpg

まず味方をこの位置に配置します。

dlkouzadust2t27.jpg


壁と壁の間に少し隙間を空けて
ヘリより少し高めにAIMを合わせて投げます

FBが爆発するのと同時にCATに配置した
味方に攻めてもらいます。

dlkouzadust2t28.jpg


ここの2段や階段。

dlkouzadust2t29.jpg

dlkouzadust2t30.jpg


この場所のCTもFBを食らいます。

このFBを投げてCATを取ります
CATを確保したらCTが隠れている場所はだいたい。

dlkouzadust2t31.jpg

今撃っている場所。

dlkouzadust2t32.jpg


このポジション
あとはAの奥やボムサイト付近とロングです

ここを注意しながらここにAWP対策としてSGを2~3個投げます。

dlkouzadust2t33.jpg

dlkouzadust2t34.jpg


そしてAのCTと戦うのですが、
フェイクなので無理をしないで死なないようにします。

そうやって戦っているとBかセンターの
人がAにカバーしに来るのでそこを
最初に作った2段で殺します。

dlkouzadust2t35.jpg


日本ではB側二人、A側3人の配置が多いので、
センターで一人殺せばB側は一人になるので
Bが非常に脆くなります
これがフェイクの作戦です。

この作戦を行うことによって、
B側の人はこのラウンド以降も
Aのカバーに行く時もセンターで
待たれているのではないか、
という心理になってBからAに
移動しにくくなるので、
Aが攻めやすくなります。
相手に配置のシフトをしにくくさせる
というのが重要です。

また、クラン戦なので自分一人で
なんでもしようと考えずに
味方FBを入れて等指示をして、
それを投げてもらって出るというのが大事です。


□Bラッシュフェイク

これはBラッシュと見せかけてCATを取る作戦です。

dlkouzadust2t36.jpg


まずAWPの人がセンターを見ます。

dlkouzadust2t37.jpg

その後ここに移動して待ち構えます

残りの4人は走ってBへSGとFBを入れます
この時SGを4個炊いて
Bに多く来ていることをアピールします
そしてBトンしたに移動してCATにHEを投げます。

この時シフトの早いクランであれば
CATから出てくる場合があるので
その時はセンターに居るAWPに倒してもらいます。

CATが前に出てこなくても
HEを4個投げてCATが飛ばなければ、
だいたいはCTベースに降りていたり、
ボムサイトの方で隠れていたり、
ロングを取りに居ている場合が多いので、
これでCATを取ることが出来ます。

CATを取ったらその後はロングと挟む等して
Aを取りに行ったりします。

□その他の重要なグレネード

ロングを攻める時はSGが先に三つ四つ飛んでくれば
ロングを攻めることがバレバレで
返しのFBが飛んでくるので、
SGとFBを同時に投げることが重要。

CATに自分一人しかいない時はこのFBも有効です。
dlkouzadust2t38.jpg


ロングを取る時のグレネード

ロングの入り口を取る時。

ラウンドスタートと同時に2人(以上)ロングに走ります。

dlkouzadust2t39.jpg


この時二番目の人がこの隙間にFBを投げます。

dlkouzadust2t40.jpg


ここで爆発させます
難しいFBなので練習してから実践で使うと良いです。

そして一番目の人が上の写真の位置にHEを投げます
2番目の人も同様にHEを投げます
これでロングの入り口を取ります。

次にロングからAのボムサイトを
取りに行くときのグレネードです。


ロングの入り口を取って、
ロングをクリアしたら写真の左側の位置まで
味方を来てもらって後ろからこのFBを投げて出ます。

dlkouzadust2t41.jpg


この位置にFBを投げます。

dlkouzadust2t42.jpg


そして上のFBを投げた人がここにFBを投げます
この写真でAIMを合わせている緑の箱にぶつけます。

dlkouzadust2t43.jpg


ここで爆発するので先頭を入っている味方は
FBを食らわずにCTだけFBで白くなるという形になります。

□1stの作戦紹介

DLで使う1stの一つでJMCという作戦です。
この作戦はロングと見せかけてBへ行き、
さらにそれもフェイクでC4はロングという、
ダブルフェイクをする作戦です。

dlkouzadust2t44.jpg


まず1人がUSPとFBを買ってBに何人行ったかここで確認します

残りの4人はロングを覗きに行きます。

dlkouzadust2t45.jpg


あまり無理をせず行けるならこの辺りまで来て、戻ります。

dlkouzadust2t46.jpg


ロングを引いたらC4ともう一人で
ここで二段を作り待ち構えます。
dlkouzadust2t47.jpg

残ったロングの二人とセンターを見ていた人は合流してBを取りに行きます。

そしてAの人がBにシフトし始めたらC4はロングからAに入って設置します。


以上がDLの作戦です。
まず重要なのがエコ配置です
これを使ってCTが前に詰めてくるという
状況をなくすことが重要です。

次にシフトが早いクランならBラッシュフェイクや、
相手のシフトを遅くさせたいなら
センター2段のフェイクを使ったりして、
相手にシフトをさせにくくするように
思わせることが重要です。

このように2~3ラウンドにまたがった
作戦を行うことが重要です。
スポンサーサイト

テーマ:カウンターストライク - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
アナリスト情報局
アナリストの検索サイト。証券アナリスト、システムアナリスト、経済、レポート、カラーアナリストなどアナリストに関する各種情報をお届けしています。 http://galling.santamonicatravelodge.com/
2008/11/16 (日) 04:24:06 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。